ブラックリストは仕方がないけどやがて外れるから大丈夫

借金が膨らんでしまうと借金返済のために別のキャッシングに手を染める人がでてきます。自分の収入だけでは返済できず借金返済日がくればその分だけキャッシングをして一時逃れをする人です。そんな状況に陥りそうになったときは債務整理の利用を考えてください。繰り返すと多重債務者の道をまっしぐらです。

 

多重債務者になるともうどこのキャッシング会社もお金を貸してはくれません。最後にお金を貸してくれるのはヤミ金業者ぐらいしかなくなります。そんなことにならないために、重くて苦しい借金から逃れるために債務整理はあるのです。弁護士か司法書士に相談すれば債務整理の適切な方法を教えてもらえます。自分に合った方法で借金の一部もしくは全部を整理して自分にできる範囲で出直せばいいのです。

 

ブラックリスト入りは受け入れる

債務整理は借金に追い詰められている人の借金を減らし、借金の苦しみから解放されるための手続きです。債務整理を行えば借金は減りますが、それなりのデメリットもあります。そんなデメリットの一つがブラックリストです。

 

ブラックリストは信用調査における事故情報リストのことで、ここに載ると信用できない人物として通常のローンやクレジットカードなどの新規利用は難しくなります。つまりどのような形にせよ借金はできなくなり、お金の支払いは現金のみとなります。かなり制限された日常生活を余儀なくされるのです。

 

債務整理は法律で認められた個人の権利です。決して悪いこととはいえませんが、債務整理により迷惑を被る人がでることも間違いありません。お金を貸していた側からみれば突然幾らかの額が回収不能になることになり、損害をこうむるのです。ブラックリストに入れられて当然とも思えます。

 

ブラックリストは時がくれば解除される

ブラックリストに載ってしまえばクレジットカードも使えずかなり窮屈な生活が続きます。しかし新しい事故も起こさず一定期間過ぎればブラックリストは消えてそれまで制限を受けていたクレジットカードなどは使えるようになります。この一定期間には明確な取り決めといったものはありませんが、一般にいわれているのは5年間です。

 

債務整理には全部で4種類の方法があり、過払い金返還請求、任意整理、自己破産、個人再生となっています。このうちブラックリストに載るのは過払い金請求以外の3種類になります。任意整理と個人再生はそれぞれ方法は違うものの借金の一部を減額するもの、自己破産は借金の全部を免除するものでブラックリストに載っている期間にも違いがでてきます。つまり任意整理と個人再生は減額された借金を完済してから5年間、自己破産は免責確定から5年間となっています。記載されてから5年間ではありません。当然完済までの期間などで個人差がでてきます。

 

ただし、5年間は一定の目安で信用情報機関によっても違ってくることがあり、同じ情報機関でも時間差はでてきます。それに5年間もの間正確な日時を覚えている人も少ないのではないでしょうか。ブラックリストに載った人が新たにクレジットカードを利用したいと思えば、自分の今の状態を確認した方が確実です。クレジット会社に申し込んで気を病むよりは信用情報機関に手続きをして閲覧請求をすれば教えてもらえます。信用情報機関で確認後クレジット会社に申し込めば気を病むこともなく安心して結果を待つことができます。

 

ブラックリストに載っている間にお金が要り用になっても我慢するしか方法はありません。ヤミ金業者からみればブラックリストに載って他でお金を借りることができない人は絶好のターゲットです。あの手この手でお金を借りてもらおうと接触してきますが、ここは我慢して借りてはいけません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日