お金の貸し借りはやはり信用第一

金融機関でお金を借りたり、クレジットカードを利用した事がある人であれば、必ず行われている事のひとつに信用情報機関への登録があります。申し込みの書類は多くの人があまり細かく読まないかもしれませんが、実は最初にこの件に同意した形となっているのです。

 

まず借り入れの前には審査を行いますが、これは結果がどうであっても記録が残ります。そして、いくら借り入れたのかどうか、クレジットカードであればキャッシング枠がいくらあるのかなども最初に登録されているのです。そして、月々の返済が行われたのか滞ったのかも、利用が終わるまではずっと記録され続けていく上に、その後5年間は情報が残る事になります。

 

キャッシングを申し込んだ時にも、審査の際にこれらの信用情報は必ず照会される事になります。もしも申込書に他の借り入れについて虚偽の申告をしたとしても、信用情報を見ればすぐに本当の事はわかります。お金の貸し借りは信用がとても重要ですから、申告内容は正直に記入するようにしましょう。

 

審査では様々な側面から調査が行われますが、信用情報を見ただけでも多くの事実が見えてきます。少なくとも毎月いくらの借金を支払っているのかどうか、総額がすぐにわかります。個人の属性に関する情報もそこから確認する事ができますし、毎回きちんと返済しているかどうかもはっきりと把握する事が可能です。

 

信用される信用情報とは?

ではどのような状態ならば、貸し付けをするのに信用がおけると判断されるのでしょうか。

 

借金をしている

これは意外に思うかもしれませんが、借金をしている事自体は決して都合の悪い事ではありません。他社が既にお金を貸しているという事は、その際も審査をしてクリーンだったからこそ借金が成立しているわけです。まして、その後も返済が続けて行われているのであれば、それがひとつの実績となり信用になるのです。

 

延滞履歴がない

毎月決まった返済日がありますが、その日に返済ができなかった場合、理由がどうであれそれは延滞という事になります。延滞後すぐに信用情報に記録されてしまう事はまれではありますが、連絡もないまま延滞状態が続いていたり、ちょっと遅れては返すという事が重なったりする場合には延滞情報として記録されてしまうでしょう。個人信用情報機関に記録されなくても、延滞をしてしまった先の会社には延滞記録がいつまでも残る事になります。

 

悪質な延滞記録

61日以上もしくは3か月、借金を延滞し続けた場合には、事故情報として記録が5年間残ります。金融機関でのローンだけでなく、クレジットの支払いや、携帯電話の割賦料金の延滞も同様に事故となります。事情がなんであっても、この状態になってしまったら一切の借り入れは不可能になる事を意味します。金融事故の情報は5年間残りますが、自己破産だと10年間など、事故内容によっても年数が違ってきます。

 

借金が少ない

借金をしている事自体は不利になる事ではありませんが、金額には限度がもちろんあります。収入に見合わない借金が多ければ、返済がそもそもできないだろうと判断されてしまっても仕方がありません。総量規制があり、収入の3分の1までの融資が原則の消費者金融はもちろん、特別決まった規制がない銀行であっても、収入と支出のバランスは当然考慮される事になりますので、あまりにも借金が多ければ新たな貸し付けには至らないかもしれません。

 

自分の信用情報を見た事がない人は大勢います。有料にはなりますが、自分で自分の信用情報を見る事は可能です。過去に延滞をした事があったりして信用情報に自信がないのであれば確認してみてもいいかもしれません。そうする事で自分の借金の状況も客観的にわかるでしょう。

 

住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなど、人生の様々なシーンで借金がどうしても必要になった時に、信用情報に傷があるために借り入れができないなどという事のないように普段から気をつけたいですね

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日