消費者金融カードローンの審査の甘さとは

そんなに大きなお金は要らないけれども、少額のキャッシングを当日中に行いたいという人に向けて消費者金融のカードローンをおすすめします。

 

消費者金融でお金を借りるときには、50万円以下のキャッシングをするということをすると、収入証明の提出が不要になりますので、非常にメリットが大きいのです。

 

→銀行系カードローンとの比較はこちら

 

最短時間で借入れできるキャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

消費者金融でキャッシングをするときのメリットとは

 

  • 50万円以下の借り入れなら収入証明書が不要
  • 担保不要
  • 審査時間は銀行に比べ格段に短い
  • 審査時間によっては即日で借り入れが可能

 

CMを打っている消費者金融は大手ということもあり、信用度が非常に高いことで知られています。また、こういった金融機関は銀行と提携していることも多いため、資金源が多く、倒産してしまう心配は極度に低いといえます。

 

果たして、そんなに簡単にキャッシングが可能なのか?

消費者金融であなたがこれからキャッシングをしたいと思ったら、まず、これから挙げる内容についてクリアしておく必要があります。それは年齢制限、安定収入、本人確認書類などの書類を用意することができる人ということになります。

 

本人確認書類として提出が可能なのは免許証や保険証、パスポートなどとなります。これらを1点だけコピーして送ったり、画像ファイルにして添付し、送信したりして申し込みをします。

 

借入希望額が50万円以上になると、収入証明書類を提出の可能性あり

借入額が50万円以下なら収入証明書の提出が不要になりますが、50万円を超えると、収入証明書の提出が求められるので、そこでは正しい書類をきちんと提出するようにしましょう。問題外の行動ですが、間違っても収入証明書を偽造するなどということはやめてください。有印私文書偽造罪に問われる可能性もあります。

 

そして、収入証明書を提出しないと審査が通らないからといって、自分の収入を偽ったりすることはやめましょう。たとえ年収が数十万円しかないとしても、課税証明書や所得証明書はきちんと正確なものを送るようにしてください。

 

自己申告と嘘は違う

消費者金融の場合のキャッシングはほぼ自己申告で通ります。しかし、属性に関しては嘘をつくのは止めましょう。もし属性を高く書くならば、アパート暮らしだけれども、住居自体を家族の持ち物にすると、その属性は高くなるため、審査に通りやすくなります。自営業の方であれば、年収は安定していないのが通常ですが、多かった年の収入を基準に申告すると通りやすくなるということがあります。ただし、借入額が50万円以下ならそんなに心配する必要はないでしょう。

 

消費者金融系の申し込みは店頭から申し込む他にインターネットからも申し込みができる業者も多いです。ネットから申し込みをすると短いところでは30分程度で審査結果が来ますので、結果を待ってから自動契約機まで行き、カード発行をしてもらうことも可能です。気をつけておきたいところは「総量規制」です。キャッシングは年収の3分の1までしか借り入れできませんので、それを超える借入額を希望するのはやめましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日