即日融資に間に合わせるためには何時までに申し込みすればいいのか確認を

現在は大手の消費者金融や銀行のカードローン申し込みはインターネットから行える事が殆どです。インターネット申し込みは融資受付を24時間行っているものが多いのですが、
即日融資を受けられるとは限りません。

 

というのも申し込みは24時間受け付けていても、申し込んだ時間によっては翌営業日の審査の場合があるからです。審査を通過しなければキャッシングの利用はできませんから当然翌営業日まで融資を受けられないという事になります。

 

最短時間で借入れできるキャッシングはここ!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

即日融資を受けたければ早い時間帯に申し込みを

即日融資を受けられる可能性は時間が早ければ早いほど高まると言えます。なるべくであれば午前中に申し込みをしましょう。一応目安としては14時頃までに申し込みをすれば即日融資の可能性が高いと言えますが、確実に間に合わせたい場合は午前中の方が良いでしょう。

 

また早いほうがいいというのは消費者金融も銀行も共通です。基本的に申し込み後に即日融資を受ける場合は銀行振込を選択します。つまり銀行の営業時間内に借入の手続きまで終わらせる必要があるのです。スピード審査を行っている業者の審査時間はおよそ30分から1時間ですから14時までには申し込みをする必要があるのです。

 

カードローンの自動契約機で即日融資!

即日融資を受ける方法は既に紹介した方法の他に自動契約機を利用するものがあります。自動契約機は土日祝日も含め利用できます。もちろん営業時間はあるものの15時以降でもローンカードを受け取る事ができます。ローンカードがあれば提携しているATMからキャッシング利用をする事ができます。

 

つまり銀行の営業時間をすぎていても即日融資が可能になるわけです。また、銀行のカードローンの場合は一部例外を除き自動契約機が設置されていません。この方法を活用する場合は消費者金融でのカードローンとなります。自動契約機は無人ですから操作がわかるか不安という人も居るかもしれません。

 

実は分からない事があればオペレーターに質問する事が可能です。身分証の提出なども機械で簡単に取り込みができるためお手軽です。更にインターネットでの審査申し込みを事前に行っておけば待ち時間も殆どありません。自動契約機にも営業時間があるため事前に時間の確認は行っておきましょう。

 

銀行カードローンは同行であれば時間制約なし!

実は銀行カードローンの場合、15時を過ぎてしまっても同行であれば振込可能です。三菱UFL銀行カードローンなら三菱UFJ銀行の口座があれば土日祝日や夜間でも問題なく利用できます。

 

この他ネットバンキングを利用できる場合取引に時間の制限がない場合が多いようです。こちらも事前にホームページなどで確認しておくと良いでしょう。

 

消費者金融の即日審査も必ずすぐに終わるとは限らない

ここまで説明してきた方法は審査が何の問題もなく終わった場合の話です。お金を借りるわけですから場合によっては審査を通過できない事もあります。返済能力不足や総量規制に引っかかる場合、あるいは過去の返済滞納などの理由で審査を通過できない可能性があります。

 

こうした条件によっては審査に時間がかかったり場合によっては融資自体が受けられない事があります。特に銀行のカードローンは審査が厳しくチェック項目も多いため時間がかかりやすいです。基本的に審査が早いのは消費者金融ですから即日融資を受けたい場合は消費者金融を選ぶ事になるでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日