本当にブラックリストって存在するの?

キャッシングを利用したらきちんと借りたお金を返すのは当たり前の事です。返済日にはしっかりと返済を行う必要があります。しかし何らかの理由によって返済が行えず連絡もしない人は必ずいます。こうしたトラブルを「金融事故」と呼んでいます。

 

金融事故が発生してもいわゆるブラックリストを各業者が作成しているわけではありません。こうしたトラブルの情報は各社でリスト化されるのではなく信用情報機関にて管理されます。信用情報機関の情報は各業者が参照することのできるためある意味ではブラックリストよりも効果があると言えます。

 

つまりブラックリストと呼ばれるものは存在しないものの、信用情報機関というブラックリストに近いものは存在しているわけです。

 

信用情報に記録されるトラブル情報とは

そもそも信用機関というものは国内では3箇所で管理されています。これは国から指定された機関であり情報はしっかりと守られています。『日本信用情報機構』、『全国銀行個人信用情報センター』『CIC』 が指定されている機関です。

 

また機関自体は3つあるものの、この3つの機関の間でも情報が共有されているためどこに記載されていてもトラブルの情報は把握されてしまいます。

 

トラブルとして記録される事故情報は以下のようになります。

 

  • キャッシングなどの借金返済の遅れ(奨学金含む)
  • クレジットカード料金の不払い
  • 携帯電話本体代金を分割時の不払い

 

これらがよく記録されてしまうトラブルの内容になります。もちろんこの他に自己破産などの情報も記載されます。

 

金融事故が信用情報に記載されると

こうした金融事故の情報は2〜5年残ります。信用情報にこうしたトラブルの跡が残っていると借金の返済を行えない人という判断をされてしまいます。これ以降のキャッシングやクレジットカードの審査に落ちやすいというわけです。業者としては当然しっかり返済してもらえないと困るわけですから当たり前のことだと言えるでしょう。

 

また返済が遅れてしまう場合でも遅れる旨を連絡したり返済額の一部だけでも返済するといった対応で事故扱いにならないケースがあります。今後のキャッシング利用に影響が出ることですから最低でも連絡だけは行うようにしましょう。

 

  • ブラックリスト自体は存在しない
  • 信用情報機関にトラブルが記載されるためブラックリストのような役割がある
  • 携帯本体の分割もローン扱いのため注意が必要

 

まとめ

ブラックリストは存在しませんが、ブラックリストより厄介な信用情報機関が存在しています。今後もキャッシングを利用したい場合はしっかりと返済を行い金融事故を記録されないようにしましょう。

 

また、信用情報機関では情報を共有していますが、共有のタイミング次第では別の機関を利用することで借り入れが可能な場合もあります。不安な場合は開示請求などもできますから確認してみましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日