グレーゾーン金利の意味について

貸金業者の金利は、業者が完全に自由に設定できる訳ではありません。金利が貸金業法という法律で決まっており、それに反しない範囲でキャッシング会社などが設定しているのです。

 

また上限金利については【利息制限法】にも規定があり、

 

  • 20%(元本が10万円未満の場合)
  • 18%(元本が10万円以上100万円未満の場合)
  • 15%(元本が15%以上の場合)

 

規定されています。

 

ただこれはあくまで原則でして当然例外規定があります。決められた書面を作成し、それを債務者に渡した場合は、前述の利息制限法の規定を超える金利を債務者が任意に支払ったとしても違法にならないとなっていたのです。その金利の上限が29.2%であり、この二つのものの間の金利が、合法でも無いけど違法でも無いという意味からグレーゾーン金利と呼ばれるようになりました。

 

現在もグレーゾーン金利を取れるの?

誰も好き好んで高い金利を払う訳ではありません。グレーゾーン金利は個人経営の貸金業者などが、消費者金融など大手のキャッシング会社から借入ができなくなった人達の弱みに付け込んで設定している場合がほとんどでした。

 

しかし出資法の上限金利が平成22年6月18日に改正され、利息制限法と同じ最大20%になったため、事実上グレーゾーン金利は廃止されることになったのです。またこれと同じくして貸金業法の改正も実施され、利息制限法の上限金利を上回る金利を債務者に請求した場合は、行政処分の対象になるとされました。これによりグレーゾーン金利に苦しんでいた債務者の多くは、グレーゾーン金利の分を【過払い】として返還請求を日本中で起こしたのです。よくテレビのCMなどで見る過払い金返還請求ができるのはこの法律改正が一つの理由だったと言えます。

 

キャッシングはお金の貸し借りですので、借りる相手をよく吟味する必要があります。また借りすぎないように自分をコントロールするのも一番大事なことだと言えるはずです。容易にすばやくキャッシングができるからと言って、審査が故意に甘い業者には気を付けましょう。借りる方がしっかりとした業者を選択し、自分で自制しながらキャッシングを活用してください。

 

  • 法律によって利息が規定されている
  • 金利自体はどの業者でも違いはほぼない
  • グレーゾーン金利を設定する大手業者はない

 

終わりに

グレーゾーン金利を採用している大手業者は今1社もありません。しかし大手ではない街金などは別です。現在でも高金利を要求してくる業者が存在します。自分の身を守るためにもキャッシングするなら大手からと覚えておきましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日